『スピリットボイス2時間トレーニング(1回完結) 大阪』
 池本美代子 

スピリットボイスを学んだあなたのための2時間トレーニング


●さらに学んでいい声を身につけたい方

●違った自分を体験してみたい方

●自分の幅を広げたい方

講師:池本美代子

 

いろいろな場面を体験して、さらに声に磨きをかけましょう

 「スピリットボイス2時間トレーニング」は、表現の幅をさらに広げ、
あなたの可能性を限りなく理想に近づけるための、1回完結トレーニングです。

お好きな回をお申し込みください。

どの順番でご受講になっても大丈夫です。

 

アナウンサーは、どうして話すのがうまいのか?

私、以前、フリーランスでアナウンサーをしていましたが、
最初めちゃくちゃ下手でした。
なんといっても、アナウンサーの前の仕事は、幼稚園の先生でしたから。

でも、絶対にやらなくてはいけない役目を背負って、
真剣にその場その場を何度も体験していけば、
数年経つと、こんな私でもできるようになるのです。

体験することで、素人の私も、プロになれたのです。

才能、というより、その時真剣に取り組んだかどうかかな、と思います。

そこで、いままでやったことのないことを真剣にやってみることで、
あなたの表現の幅がぐーんと拡大していくトレーニングを用意しました。

できるためのコツをできる限りお伝えしますので、
その通りにやってみるだけで、おもしろいほどできちゃいます。

あなたが今まで持っていた『自分の思いを伝える方法』の基準を破ることで、
あなたの人生は、ますます自由に広がっていきます。

いろいろな経験をしていくうちに、
今まで、できないと思っていたことが、
実はできてしまう自分だったことに、驚かれることでしょう。

 

自分を表現することによって、魅力的な人になる!

大勢の人が集まる場所でも、魅力的な人はすぐに目に止まります。
ひときわ明るいエネルギーに、人は引き寄せられます。

このエネルギーって一体何なのでしょう?

実は、あなたが持っているエネルギーをしっかり活用できれば、
それだけで充分なのです。

ご自身のエネルギーを出していくことで、
勝手に魅力的になるのです。

 

このトレーニングで、本来お持ちになっているあなたのエネルギーを、
魅力的に表現する方法をしっかり身につけましょう!

毎日が、さらに楽しくなります!

 

スピリットボイス2時間トレーニングは、こんな内容です

声をトレーニングすると、自然に人間の魅力もアップしていきます。
この2時間トレーニングでは、いろいろな場面での
あなたの表現力をアップしていくことに重点を置いて
取り組んでいきます。

 

第1回  表現力UP イメージを伝える&色を味方につける

     ・自分から発信し、表現する楽しさを知る
        「自分が感動したことを、そのまま相手に伝えたい」。 
        そんな時、うまく伝えられないともどかしさを感じてしまいます。 
        百聞は一見に如かず、なのですが、話し手のフィルターを通した
        言葉の表現によって、聴き手のイメージがどんどん膨らむこともあリます。
        その場合、いかに自分らしく表現できるかがポイントとなります。 
        頭で考えるだけでなく、心で伝える表現を身につけましょう。  

 

第2回  敬語と言葉遣い 

     ・言葉遣いで品格を上げ、相手に心を伝える
        敬語は、お互いの人格を尊重し、敬愛の気持ちを表し、
        人間関係を円滑にするためのものです。 
        同じ意味の言葉を、相手の立場や地位に応じて使い分けをするのが特徴です。 
        しかし、これさえ知っていれば敬語は大丈夫と言うコツは、
        残念ながらありません。 
        敬語の仕組みを考える習慣を自分のものにする努力が必要になってきます。 
        無理なく口から出るように、日頃から敬語に慣れるようにしましょう。 

 

第3回  好印象な電話応対 

     ・「声」だけで相手に内容を確実に伝えるためのテクニックを学ぶ
        電話応対で相手から「もう1度おっしゃっていただけませんか」
        と聞き返された時、次はどのように伝えますか? 
        もっとゆっくり、もっと大きな声で。 
        それでも伝わらず、こんなやり取りが2・3度繰り返されると、
        お互いに気分の良いものではありません。  
        発声法や言葉づかいだけでなく、
        電話機の向こうにいる相手への心遣いがあれば、
        自然により良い印象になることでしょう。

 

第4回  印象に残るスピーチの基本 五感を伝える&内容を省く加える

     ・イメージ通りに相手の心に話を届けるコツ 
        「聞くのは相手」なのにもかかわらず、自分のことばかり話してしまう・・・。 
        結果的に相手がわかってくれないと、相手のせいにしたりする・・・。 
        相手に理解しづらい話は、話し手に責任があるのです。 
        どんなに流暢に話しても、「相手」を考えなければ、
        その人の話は伝わらないのです。 
        相手の理解によってはじめて話は魅力あるものになります。 
        相手に話の場面をイメージしてもらうためには、
        先ず話し手が話の材料をよく観察し表現する必要があります。 

 

第5回  人前で話すときのコツ 話の組み立て

     ・誰が聞いても分かりやすい内容・話の組み立てを考える
        会場に大勢の人がいる時まず何を思いますか?
        全員に聞こえるように、間違わないように、落ち着いて  etc・・・
        大切なのは、「声」です。 
        相手にしっかり気持ちを伝える意思を持った声を意識しましょう。      
        次に大切なのが、話し手1人ががんばっている1WAY話法ではなく、
        会場の皆さんに語りかける2WAY話法を常に心がけることです。 
        会場内に人数が多いと、一つのことに全員を集中させることが
        大変むずかしくなります。
        その上、「話を聞く」となると、聞くか聞かないかは、その人の気分次第です。
        いかに聞き手をこちらに向かせるか、
        インパクトのある話し手になるか考えてみましょう。

 

第6回  心に届く文章の読み方 ナレーション&商品情報番組

     ・文章をより魅力的に伝える方法
        ナレーションは朗読と比べて、語り手の個性はあまり要求されません。
        ですから、ひとりよがりでなく、
        多くの人に受け入れられるものでなくてはなりません。 
        どんなに内容を理解していても、イントネーション(文全体の抑揚)が
        合っていなければ、文章の意味は伝わりにくくなります。 
        ナレーションは、日常会話の息づかいやイントネーションをもとに、
        表現を組み立てていきます。
        わかりやすく魅力的に伝えるためには、音声表現テクニックが必要です。

 

第7回  個性で言葉を伝える 詩の朗読

     ・臨場感を表現する
        語り手の思いが耳で聞き分けられるということは、
        「目に見えない心の動き」が、
        「耳に聞こえる音としてとらえられる」ということです。 
        喜怒哀楽や、肯定・否定・疑問・命令などの気持ちは、
        音調だけで察知できるものです。 
        日常の会話で反射的に表現されるこれらの音調に、
        朗読では、より一層心を配る必要があります。 

 

第8回  心をつかむ話し方 司会者になってみよう

     ・空間を演出する引き込まれる伝え方
        冒頭、会場内で聞こえるのは司会者の声だけとなります。 
        その声の感じによってその会場のムードが決定します。 
        小さいぼそぼそ声なら、貧弱な会に。
        明るく元気な声なら、盛大で立派な会に。 
        また、話しかけるような暖かい口調だと、アットホームな会に。
        凛とした落ち着きのある口調なら、厳かで高級なイメージの会に。
        人を巻き込む快活な口調は、お祭り気分の会になります。 
        自分のキャラクターも含め、会場のムードに合った声・口調を
        しっかり意識しましょう。

 

第9回  伝え上手・聴き上手のコツ  ニュースキャスター・リポーターになってみよう

     ・相手の魅力を引き出す存在になる
        リポートは、リポーターという“人格”を通して伝える情報です。 
        伝え手の視点や価値観が反映されることで、
        現場の本質がより明らかになります。 
        また野外のさまざまな場から直接情報を伝えることで、
        出演者にも生の言葉で話してもらうことができます。
        リポートは、素直な感性を大切にし、
        その人の人間味のあるとらえ方で表現することが基本です。 

 

第10回  自分らしさが伝わる話し方 ラジオパーソナリティ

     ・わかりやすく納得のいくスピーチを研究
        話の材料のことを、略して“話材”といいます。 
        話材とは、話題を展開していくためのものです。 
        その話題を的確にサポートし、強調し、
        相手に理解させるためには、それなりの内容が必要です。
        私たちが生活している中に話材はいくつも転がっています。 
        「会話のネタがない」という人がいますが、
        それは、話材をつかむことができなかっただけなのです。

 

第11回  言葉の味わいを楽しむ ラジオCMを読んでみよう

     ・いろいろなパターンのCMを楽しもう
        ラジオCMは、限られた時間の中でのドラマを
        言葉で演出していきます。
        そのCMならではの世界に入り込んで表現することで、
        いつもの自分とは違う「声」を楽しむことができます。
        ご自身の可能性の広がりを感じることができます。

 

第12回  個性を磨きわかりやすく伝える 理解してもらうためのスピーチの方法

     ・相手を引き込む伝え方
        同じ内容でも、自分ならではの話題にすることで、
        内容に新鮮味が生まれ、魅力的な話に変身します。
        相手に何を伝えるのか、あなたならではの一工夫の仕方に
        取り組んでみましょう。
        練った分だけ、感動が大きくなります。
        あなたなら、この内容をどう伝えますか?

 

スピリットボイス2時間トレーニングを受講するには

スピリットボイス各トレーニングコースをご受講の方を対象に開催いたします。

・スピリットボイス・ベーシック

・スピリットボイス・アドバンス

・スピリットボイス・マスター

・スピリットボイス スペシャル

これらのコースをお受けになった後、
◎ご自身の表現力を磨くために
◎さらに、パワフルな存在になるために
「スピリットボイス2時間トレーニング」をご活用ください。

※これまでの受講講座によって、受講料が変わります。

 

日時

スピリットボイス各トレーニングをご受講の方を対象に開催いたします。

下のカレンダーの日程から、ご希望の日時を3つご連絡下さい。
すでに埋まっている時間もございます。

1回2時間です。
2名でご参加の場合は、1回3時間です。

東京でも、開催しています。

 

 

 

受講料

ベーシックをご受講の方:30,000円/回
  2名でご参加の場合は、お1人24,000円

アドバンスをご受講の方:25,000円/回
  2名でご参加の場合は、お1人20,000円

マスターまたはスペシャルをご受講の方:18,000円/回
  2名でご参加の場合は、お1人15,000円

 

ご受講当日のお支払いも可能です。

お振込の場合、以下にお願い致します。

—- 振込先———————–
銀行名  :三井住友銀行  コ-ド0009
支店名  :南森町支店   コード 129
預金科目   :普通
口座番号   :2244363
口座名義   :スペーストレジャー イケモト ミヨコ
———————————–

 

申し込み・問い合わせフォーム

*お申し込みセミナー・セッション名
スピリットボイス2時間トレーニング 大阪

*お名前 (必須)

*ふりがな (必須)

*メールアドレス (必須)

*住所

*電話番号 (必須)

*ご希望の講座名と、ご希望の日時(3つ)お書きください。その他メッセージがありましたらどうぞ

*トレジャー ニュースレター (必須)
 トレジャー講師のお役立ちコラムやセミナー最新情報を、定期的にお届けします。
 既にご登録の場合、同じアドレスに1通以上届くことはありません。
  

*ボーカル・オッキー通信 (必須)
 ボーカル講師オッキーのコラムやライブイベントのお知らせなどを、定期的にお届けします。
  

確認していただけましたらチェックを入れて、
以下の送信ボタンをクリックしてください。

 

Copyright © 2017 セルフプロデュース トレジャー大阪 All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?